散骨をするときの注意点

main-img

亡くなった人の遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海や山など自然に散骨したいと考える人が近頃増えています。
お墓にとらわれない柔軟な弔いの方法である散骨ですが、いざ実行しようとなるといくつかの注意点を留意しておかなければなりません。なぜなら遺骨をそのままの状態で散骨してしまうと法律に違反してしまうため、必ず遺骨だと分からないくらいの粉末状に粉砕しなければならないからです。



自力で故人の遺骨を粉砕するのは気が引けるという人もいれば、粉砕する道具が無いということもあるでしょう。
そんなときは専門の葬儀会社に相談をして遺骨を処理してもらうのが一番確実かつ安心でしょう。

また、どこに散骨をするのかも重要な点です。

All Aboutの情報が満載です。

自宅や所有する山林などにまけば良いと簡単に考える人はいますが、近隣住民の心情や地下水への影響などを考えると安易には行えません。
また海や川なども水質汚染の可能性があるため、素人が安易に散骨をするのはオススメできません。

専門業者ならば素人では分かりにくい法律についてや、細かい手続きなども代行してくれるため、安心して作業を任すことが可能となります。

散骨を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

日本ではもちろん、許可をとれば海外や宇宙でも行うことが出来る新しい弔い方法であるため、幅広いニーズにも対応することが出来るでしょう。従来のお墓に埋葬するスタイルでは感じられないような自然へと魂や肉体が還っていく様子を肌で感じることが出来て、故人を自然の中で感じながらの弔いが可能です。

葬儀の重要知識

subpage01

墓じまいとは、管理ができなくなったお墓を処分することで、遠方にあるのでお墓参りに行くことが難しくなった、お墓を継ぐ人がいないなどの理由で墓じまいを考える人が増えています。その手順ですが、まず親戚に墓じまいをする理由を告げて、寺院にお墓がある場合は早めに相談しましょう。...

more

葬儀について

subpage02

近年、少子化や高齢化が進む中、お墓の管理について考える人が増えています。今までは代々受け継いだお墓を守っていくというのが、日本では常識となっていましたが、後を継ぐ子供がいなかったり、維持管理にお金がかかるため、子供に迷惑をかけたくないという人も増え、永代供養墓のニーズが高まっています永代供養墓とは、お墓参りできない人に代わってお寺や霊園が、決められた期間代わりに管理・供養をしてくれるお墓のことです。...

more

葬儀の実態

subpage03

永代供養は近年需要が高まり、希望者も増加しています。それに伴い、様々なお寺や霊園が永代供養を行い、プランも多様化しています。...

more

大事な葬儀の事

subpage04

最近の新しい形の供養方法として注目を集めている自然葬の一つに、樹木葬という供養方法があります。一般的に故人の遺骨はお墓の下に埋蔵するのですが、樹木葬はお墓の下ではなく山に草花や樹木を植えてその下に故人の遺骨を埋めることをします。...

more